アートによる地域振興で「地価上昇」

 

地価の上昇が大都市から地方に波及する中、独自の施策を打ち出す地域で地価の上昇が起きているとの事。

瀬戸内海にある面積8平方kmの離島「直島」。

自転車で一周する事が出来るほどの小さな島ですが、地価が2年連続で上昇しているのです。

 

地価の上昇をけん引したのは「アート」による地域振興。

 

直島には草間弥生さんの「赤かぼちゃ」や、安藤忠雄さんの設計した地中美術館などが集積しています。

瀬戸内国際芸術祭」の中でも最も人気を集めるスポットになっています。

 

1990年に約1万人だった主要施設の客数は、芸術祭がない2018年でも50万人を超しているようで、常に集客を見込めるのが直島の強みとなっているようです。

 

だからこそ飲食店や宿泊施設の土地需要が旺盛になってきているという状況なのです。

 

この他にも全国で研究施設の誘致、子育て支援などを打ち出している地域に注目が集まっているようです。

岡山市も中心部からアート活動が活発になっているので、更に注目が高まるかもしれません。

 

◇不動産に関する記事◇

・インターンシップ

・中古マンション価格の根拠。

・消費税増税と住宅購入

◇鹿田小学校区のマンション情報◇

・藤和中島田ハイタウン★成約御礼★

・サーパス東古松第2★販売開始★

・藤和中島田ハイタウン★販売中★

◇営業マンの日常◇

・小むら

・「響」のグラスが届きました。

・新ギア

 

岡山市のマンション売買専門営業マンのブログ
岡山マンションの事ならウェーブハウスにご相談ください。

社内ポイント=1円 貢献の「見える化」

 

個人間での商品売買で人気の「メルカリ」で賞賛を集める「メルチップ」。

これは従業員同士が贈り合う「ピアボーナス」で「ピア」とは英語で同僚、仲間の意味だそうです。

 

どんなものかと言うと、仕事で助けてくれた人に対して、手持ちのポイントから贈呈する事が可能で、もらったポイントは「1メルチップ=1円」で給与に上積みされるシステム。

毎月チップを集めて、缶コーヒー2本〜3本が買えるかどうかの金額らしいのですが、社員は「チップだけでなく、メッセージも貰えて嬉しい」という意見。

 

このシステムはメルカリをはじめ、300社にピアボーナスのシステムを提供する「Unipos」という企業が行っているそうです。

これは普段なかなか気にとめる事が出来ていない個人の貢献を「見える化」出来る素晴らしいシステムだと思います。

 

ネット社会になり、社内でもネットでのやりとりを行う中で、感謝を形にするのは気恥ずかしい部分もあるかもしれませんが、それらを上手く融合させて、社員のモチベーションアップにも繋がっているのではないでしょうか。

人間関係を築く上では当たり前の行動ですが、現代人の苦手とする分野かもしれませんね。

 

アイデア一つで凄いサービスが生まれているという事を目の当たりにさせて頂きました...。

 

◇不動産に関する記事◇

・インターンシップ

・中古マンション価格の根拠。

・消費税増税と住宅購入

◇鹿田小学校区のマンション情報◇

・藤和中島田ハイタウン★成約御礼★

・サーパス東古松第2★販売開始★

・藤和中島田ハイタウン★販売中★

◇営業マンの日常◇

・小むら

・「響」のグラスが届きました。

・新ギア

 

岡山市のマンション売買専門営業マンのブログ
岡山マンションの事ならウェーブハウスにご相談ください。

車は道具?それとも作品?

 

「日本には美意識はあるかもしれないが、様式が感じられない。」

こう語るのはマツダ自動車の前田常務執行役員、マツダ自動車のブランド戦略の中心人物となる人です。

 

自動車は移動手段だが、かつての日本人にとっては憧れ、ライフステージを示すシンボルのようなもの。

BMW、ポルシェ等の高級車ブームはバブルとともに薄れているようです。

私自身、バブルを経験した人間でないというのも、自動車への関心が薄い要因の一つなのかもしれません。(笑)

 

自動車もユニクロのように機能性を重視するものと、アート的なブランドの世界に更に分けられていくのでしょう。

 

機能性では日本はかなり優秀、しかし、現代では海外の自動車企業以外にも、グーグル等のネット企業も参入しており、あっという間に「ものづくり」という日本の強みも薄れてしまう可能性が高いと言えます。

 

そんな中、規模拡大に見切りをつけ、デザインの道に入ったのがマツダ自動車です。

イタリアやドイツ車にある美意識を貫く様式」を目指しているようです。

 

確かに最近のマツダ車は車体の曲線、質感等で高い評価を得ています。

マツダの特定の車種が好きというよりも、マツダのデザインが好きな方が増えているのではないでしょうか。

 

効率性を超えた作品としての「ものづくり」がこれからの製造業の突破口となるかもしれませんね...。

 

◇不動産に関する記事◇

・インターンシップ

・中古マンション価格の根拠。

・消費税増税と住宅購入

◇鹿田小学校区のマンション情報◇

・藤和中島田ハイタウン★成約御礼★

・サーパス東古松第2★販売開始★

・藤和中島田ハイタウン★販売中★

◇営業マンの日常◇

・小むら

・「響」のグラスが届きました。

・新ギア

 

岡山市のマンション売買専門営業マンのブログ
岡山マンションの事ならウェーブハウスにご相談ください。

新築マンションが徐々に安くなるかも??

 

昨日の日経新聞の記事に「建設用鋼材が一段安」とありました。

文字通り、建設用鋼材の流通価格が安くなってきているという内容ですが、分譲マンションの鉄筋に使用する鋼材も前月比で3%下落しているとの事。

年度の下半期となる「秋」は企業の投資や公共投資が活発になり、需要が見込まれる為、「秋需」と呼ばれているそうですが、安の基調を抜け出せず、秋需の影響はあるものの、荷動きは昨年の7割程との事。

 

やはり大きな要因としては、2020年の東京オリンピックです。

関連施設やホテル等が需要を促しました。

 

しかし、今春からオリンピック関連需要が一巡したに加え、ボルト等の部材不足が影響し、都市開発事業も停滞しているようです。

 

少ない秋需を巡り、価格を下げて注文をとろうとする心理も働きやすくなっている」との意見も。

 

ここからの都市開発や大規模事業、はたまた災害に至るまで、様々な要因が分譲マンション価格にも影響を与えます。

材料が安くなっても、人件費が今までより上がり、市場価格に影響を与える可能性も現実的なお話です。

 

分譲マンション市場の今後の動きに注目していきたいと思います。

 

◇不動産に関する記事◇

・インターンシップ

・中古マンション価格の根拠。

・消費税増税と住宅購入

◇鹿田小学校区のマンション情報◇

・藤和中島田ハイタウン★成約御礼★

・サーパス東古松第2★販売開始★

・藤和中島田ハイタウン★販売中★

◇営業マンの日常◇

・小むら

・「響」のグラスが届きました。

・新ギア

 

岡山市のマンション売買専門営業マンのブログ
岡山マンションの事ならウェーブハウスにご相談ください。

現役世代「2,600億円」の拠出減なるか。

 

 

健康保険組合連合会が今月24日に示した試算。

75歳以上の後期高齢者の医療費窓口負担を現行の1割負担から2割負担に引き上げると、現役世代が負担する拠出金が「2600億円」軽減されるとの事。

※2020年度から適用した場合の2017年時点の試算

 

後期高齢者の医療費は現役世代の拠出金で4割を負担しているとの事ですから驚きですね。

 

少子高齢化の日本では仕方がない事なのでしょうが、自分が高齢になった時の事を考えれば、更に深刻な状況になっているのではないでしょうか...。

自分が払っている税金や保険料がどんな事に使われているのか、この先を考えたいと思います。

 

◇不動産に関する記事◇

・インターンシップ

・中古マンション価格の根拠。

・消費税増税と住宅購入

◇鹿田小学校区のマンション情報◇

・藤和中島田ハイタウン★成約御礼★

・サーパス東古松第2★販売開始★

・藤和中島田ハイタウン★販売中★

◇営業マンの日常◇

・小むら

・「響」のグラスが届きました。

・新ギア

 

岡山市のマンション売買専門営業マンのブログ
岡山マンションの事ならウェーブハウスにご相談ください。

「スマートスピーカー」の落とし穴。

 

スマートスピーカーの音声分析、その音声分析を「人」が行うという事について各国の個人情報保護当局が「待った」をかけているとの事。

GoogleAmazon等、様々な企業がスマートスピーカーを開発しており、今では住宅設備の操作も音声で行う事が出来るようにもなっています。

 

しかし、Googleが7月に発表した事件が発端となり、スマートスピーカーの音声認識に関する性能向上にブレーキがかかりました。

スマートスピーカーに録音された、分析中の音声データが漏洩したというのです。

 

各社では、音声認識の性能向上について、「方言」などもしっかりと認識するように開発を進めていますが、収集した音声分析を「人」の手作業によって行っているというので驚きですね。

 

しかもスマートスピーカーの録音は、起動時のみならず、未起動時にも録音をされているとの事。

これも消費者に同意を得ずに録音、分析を行っていたとの事で問題になっています。

スマホにもAIスピーカーの機能が付いているので、きっと普段の会話や行動が記録されているのでしょう...。

 

Googleは同意を得ての音声データ取り扱いに仕様を変更するとの事。

 

便利になっているのは確かですので、個人的には情報を有効活用して新しい技術、サービスに繋げて頂きたいという意見ではあります。笑

使いようによっては犯罪を未然に防ぐ事も出来る凄い技術ではありますが、プライバシーの面で考えると中々難しい問題となりそうです...。

 

◇不動産に関する記事◇

・インターンシップ

・中古マンション価格の根拠。

・消費税増税と住宅購入

◇鹿田小学校区のマンション情報◇

・藤和中島田ハイタウン★成約御礼★

・サーパス東古松第2★販売開始★

・藤和中島田ハイタウン★販売中★

◇営業マンの日常◇

・小むら

・「響」のグラスが届きました。

・新ギア

 

岡山市のマンション売買専門営業マンのブログ
岡山マンションの事ならウェーブハウスにご相談ください。

1